中古車をローンで買う場合の借入先は銀行がおすすめ


中古車をローンで買う場合の借入先は銀行がおすすめ.jpg


自動車ローンは新車だけでなく、中古車に対しても組むことができます。土地や電化製品など、ローンを利用する状況は幾つかあります。もしも中古車を買うためにローンを利用するなら、自動車ローンを使うといいでしょう。



銀行のカーローンは審査に通りにくいことが欠点




審査に通りにくいことが欠点ですが、中古車を買うために銀行のカーローンを利用できるなら、それに越したことはありません。中古車に限らず、銀行のローンは申し込み手続きがややこしく、審査の結果が出るまで何日か待たなければならず、あげく断られることもあります。ローンの申し込みをしたとしても、他の金融機関に比べて審査に落ちる可能性が高いのが実情です。注意したいのは車は仮契約でもローンの審査は本申し込みなので、念のためはんこが必要なことがあることです。

銀行で断られたら信販会社や消費者金融会社に申し込む 




一般的に、新車を買うよりも中古車を買うほうが安く済みます。借り入れ希望額が少ないほうが審査は通過しやすくなりますので、銀行からの融資も受けやすいでしょう。それでも審査で断られる可能性もありますが、銀行で断られたら信販会社や消費者金融会社に申し込むという方法もあります。融資の可能性の高さや、申し込みの簡単さからいえば、ディーラーの提携ローンを使うほうが有利ですが、金利は高めになります。

車の買い取りをする業者もいろいろある




せっかく中古車を買うのに、ディーラーで買うと金額が高めになりますので、安く入手するという利点がなくなります。ディーラーで中古車を買ってローン払いするなら、新車を買うのと大差ないという人もいるようです車を乗り換える方は、今乗っている車を高く売ることで、次の車の頭金や車両価格の一部に当てることができます。車の買い取りをする業者もいろいろありますので、よく吟味して高く買ってもらえれば、次の中古車を買いやすくなります。